Feather Industries  
「正しい価格で正しい製品、 " - ダグラスプライド、元大統領(1967-2004)
 
 

Feather Industries企業方針

Feather Industriesではモラルある企業の運営方針を実行してきた長年の伝統があり、 原料の調達や養鶏場での動物管理から適正なサプライヤや従業員の扱いまで、一貫したビジネス展開を行っています。

買付方針

第一のそして最大の点として、我々が仕入、加工、販売する全てのダウンとフェザーは水鳥の食肉業界の副産物です。ダウン生産のためだけに水鳥を育てるといった非効率的で廃棄率の高い、関係者各位に金銭的メリットの少ない方法は取っていません。 Feather Industriesが買付ける養鶏場は全て従業員が個人的に訪問し、検査を行って倫 理的かつ人道的に動物を取扱っていることを確認します。動物の倫理的な取扱いの例としては、強制給餌の禁止(また可能な限り放し飼いでの給餌を行う)や生きている動物からの羽毛の採取禁止等が挙げられます。これらの厳密な基準とその遵守を徹底し、倫理的な方針が関係者全員によって守られることでFeather Industriesは業界内の企業の 中で最も尊敬される企業の一つとして知られています

値付方針

「真っ当な商品を、真っ当な価格で」Feather Industries前社長Douglas Pryde(1967 年-2004年在任)の.この言葉は、ただのスローガンではなく、企業としていかにビジネ スを展開するかの誓いとして全社員の胸に刻まれています。Douglasは現社長兼CEO、 Bryan Prydeの父であり、現社長は彼から会社の経営権のみならず企業としての責任と 会社の基礎となる一貫した方針を受け継ぎました。Feather Industriesは倫理的かつ経 済的に責任ある経営を常としています。これにより過去も将来も顧客、従業員、サプライヤ、そしてその他の取引相手全員に有益な経営を実現しています。

品質保証

Feather Industriesでは品質基準への合致を確認するための各種試験を行う施設が工場 に併設されています。全ての商品に対して買付、加工、販売の段階で厳密な試験が実施されます。各ロットの全ての試験はデータベースに記録され、最低5年間保持されます。これによりカナダの、そして国際的な品質基準を満たし、あるいはそれを超える商品の提供が保証されます。

ある商品が人気を博すということは、イミテーションやコピー品が台頭するということでもあります。これはダウンとフェザーの業界に限った話ではありません。Feather Industriesはこの業界におけるリーダーであり、品質保証とクリーンさ、そして等級分けにおいて業界最高水準の厳密な規則と制約を設けています。Feather Industriesは非 営利団体Downmarkの創立メンバーの一人でもあります。この団体はダウンとフェザー業界の発展のため、消費者のための監視機能や政府団体との協力の下ダウンとフェザーの情報提供や広報を行う等各種サービスを提供しています。詳細はウェブサイト: - www.Downmark.caをご覧ください。