Feather Industries  
「正しい価格で正しい製品、 " - ダグラスプライド、元大統領(1967-2004)
 
 

ダウンのメリット

なぜ合成繊維では敵わないのか

ダウンには重量あたりで最高品質の合成繊維に比べて約3倍の温かさを保持する機能があります。また、合成繊維はもつれると潰れた固まりになってしまいます。合成繊維は時間の経過と共に温かさを保持できない冷たい箇所と温かい場所の箇所ができてくるのに対して、ダウンは常にロフト性能を維持し、体型に合わせてベストの形状になります。

また、ダウンには「呼吸し、水分を放出する」素晴らしい機能があるため、使用者は常に温かく、乾いた状態でいられます。合成繊維は多くが汗を逃がす機能に欠けるため、べたついたり布地が貼り付くような不快感と冷たさを感じます。

また、ダウンは市場で最もエコフレンドリーな素材の一つです。採取から完成品まで、製造工程で可能な限り廃棄物を出さないよう手順が検討されています。また加工時の副産物はすべて生分解性であり、ダウン自体が自然に生成されます。合成繊維とダウンの炭素排出量にも大きな差があります。

重量あたりの比較でダウンは市場に出回っている素材の中で最も暖かく断熱性があります。適切なケアを行えば、いつまででも使うことができます。洗濯や乾燥はもとより、ぐしゃぐしゃに潰しても元通りのふわふわの形状に戻ります。

 
Befits of down as compair to best synthetics